リキッドクレンジング剤は比較的使いやすいのか

subpage01

他のクレンジング剤と比較してリキッドタイプの利用を検討している方が多く見られます。
リキッドクレンジングの成分は他のタイプと比較すると、水分が最も多くべたつきが感じられにくくなり、落とした後がさらっとしているのが特徴です。

洗浄力が強いので、濃いメイクでも落としやすいですし、油分が苦手なまつエクをつけている方でも、落ちにくいアイシャドウやマスカラ、アイライン等のメイクを落とすことが出来ます。

お客様に相応しいクレンジングゲルの比較の補足説明を致します。

オイルの含有量が多い物でも、さらっとしています。
使い方は、手のひらやコットンにクレンジング剤を取って、顔に優しく塗り広げてメイクを浮かせます。



拭き取り用であれば、そのまま汚れが付かなくなるまでコットンで拭き取ればいいのですが、たいていの場合は、ぬるま湯ですっきりと洗い流す仕様になっているでしょう。塗れた手でお風呂の中でも使えて、ダブル洗顔の必要がないので、他のクレンジングと比較すると楽に落とせるでしょう。
ただ、洗浄力が強めのため、肌質によっては負担に感じてしまうこともあります。



リキッドクレンジングの中でも保湿成分が入っていたり、刺激の元となるアルコール等の成分が入っていないタイプを選ぶと、乾燥を進ませたり、炎症を起こしている部分にしみて痛みを感じたりするトラブルを軽減できるでしょう。


出来れば、コットンに取って、アイメイクやリップを先に押さえるようにして、こすらないように拭き取ってから、ベースのメイクと馴染ませるようにすると、比較的簡単に負担をかけずに落としやすくなります。