ベースメイクの濃さを比較して選ぶクレンジング剤

subpage01

クレンジング剤は、大きく4種類に分類する事が出来ます。
それは、ミルクタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプの4種類です。

話題になっているクレンジングゲルの比較の喜びの声を頂いています。

購入の際に価格を比較して、安いタイプのクレンジング剤を使用しているという方もいるでしょう。



しかし実際は、価格ではなくベースメイクの濃さを比較して選ぶのが、正しいクレンジング剤の選び方です。



ベースメイクは、毎日綺麗に落とさなければ肌に負担を与えてしまいます。


その為、ベースメイクが濃いという方は、リキッドタイプやオイルタイプといった、洗浄力に優れたタイプを選んで、ベースメイクを残らず洗い流すのが重要です。

一方、ナチュラルメイクの方は、ミルクタイプやクリームタイプといった、洗浄力がマイルドなタイプでも、十分にベースメイクを落としきる事が出来ます。

また、ポイントメイクは日によって異なるという女性も多い事でしょう。
ファッションやTPOに応じて、ポイントメイクを変える事は決して珍しい事ではありません。その為、ポイントメイクの濃さを比較してクレンジング剤を選ぶとなると、どれを基準にすべきか悩んでしまいます。
そうならない為にも、ポイントメイクではなくベースメイクの濃さを基準に選ぶのが、ベストです。なお、普段はナチュラルメイクでミルクタイプやクリームタイプのクレンジング剤を使用していると、濃いポイントメイクをした時に、落としきれないと感じる方もいるようです。そんな時には、専用のリムーバーを併用する事で、ポイントメイクも残さず洗い流しましょう。